不動産売却成功の法則
5つのポイント

不動産を売却する際、なるべく高く、なるべく早く売りたいのが売主様のお気持ちです。
当社ではそのご期待にお応えするべく、真のリアルターとして、プロフェッショナルな知識と経験、様々なサービスを用いて売却活動を行っております。ここでは売却に関する5つのポイントをご紹介いいたします。

Point①所有不動産の特徴を知る

 
売りやすいor売りづらい 

不動産を売るとなると、その価格に目が行きがちですが、売却を成功させるには、まずは自分の所有不動産がどういった特徴を持っているのかを知る必要があります。
 
もちろん皆さん少しでも高く売りたいという当たり前の希望をお持ちだと思いますが、いざ査定をしてもらうと思っていたよりも低い額が提示されたりするものです。
ここで価格だけで判断してしまうと、いつまでも売れない売れ残り物件になってしまう可能性も・・・。
 
それを避けるためにも、まずはご自分の所有不動産が、どんな特徴があるのかを不動産会社の査定書を参考によく見てみましょう。
例えば、日当たり、カースペース、需要のある間取りなのか、土地の形など、自分が買うとしたらどうなのか?という視点にたって考えるとわかりやすいと思います。
 
それらを元に、そもそも売りやすい物件なのか、売りづらい物件なのかを見極める事で売却の方向性もきちんと選ぶことが出来るため、価格に惑わされて失敗することを防ぐ事ができます。
 


 

Point②売却期間を想定する

 
価格重視orスピード重視 

ご所有不動産が売りやすいか売りづらいかがわかったら、次はいつまでに売却したいのかを想定しましょう。
というのも売却方法には大きく分けて2パターンあります。
 
一つは仲介、もう一つは買取です。
仲介というのは、一般のお客様へ情報を公開し販売する方法です。広告を出したり、見に来ていただいたり、検討していただく訳ですからご売却までにお時間がかかります。しかし最大のメリットは、相場の価格で売却できる事です。つまり少しでも高く売りたい!という方におススメの売却方法です。
 
もう一つの買取は、不動産業者などに買取ってもらう方法です。買取った不動産はリフォームなど手を加えられ再度販売されます。つまり仕入ですので価格は相場の価格よりも低くなります。では買取のメリットはと言いますと、そのスピードです。買取るのは不動産のプロですので、話が決まるまでのスピードはとっても速く、とんとん拍子に話が進みます。すぐにでも売りたい!という方におススメの売却方法です。
 
ただし、仲介と買取を決められるのは、あくまでも売りやすい物件の場合に言えるおすすめです、売りづらい物件の場合には買取以外ないというものもあります。ですので①での見極めをしっかりとする必要があるのです。


Point③査定書のココが重要!

 
売れる価格と売りたい(希望)額は違う

査定をしてもらったら、提示された査定額に一喜一憂してはいけません。
 
そもそも査定額は過去の売却価格(相場)を参考に算出されます。
そこへ各物件の特徴などを考慮し査定額となるのですが、明らかに相場よりも高い額を提示する不動産業者もあります。
これは高い額=売主様の希望額になっている事が多いのですが、残念ながらそう言った場合ほとんど売れません。
そこで、売れる価格をきちんと知るためにも査定書の以下の点をよく見てみてください。

過去の成約価格

過去1年分ぐらいのご成約価格を見比べましょう。各不動産で条件に違いはありますが、立地や面積など比較的近いものが査定書に書かれている場合が多いです。それらの成約価格とご所有物件の査定額に差があるかどうかは一つの大きな基準です。
ご所有物件を考慮したポイントのコメントを参考にしましょう

査定額を出す場合、通常相場の価格に対し、査定物件のプラス要件マイナス要件を考慮します。Point①での売りやすいのか売りづらいのかが価格に反映されます。売りやすい物件で相場通りならいいのですが、売りづらい物件なのに相場通りでは、売れるものも売れない可能性大です。
 
 

 
 
 


 

Point④近隣の売出し物件は必ずチェック!

 
競争相手を知る事と需要と供給

売却を成功させるには、近隣の物件情報を知る事も大切です。これは査定書の額が適正かどうかを見分ける力にもなります。
 
例えばご所有物件の1ブロック先に新築物件が出ているとします。仮にご所有物件が中古物件だった場合、その新築物件よりも高い額で売れると思いますか?
もちろん売れる場合はあります。しかしそれにはそれなりの条件が必要です。新築よりも広い・設備がいい・日当たりがいいなどが当てはまるでしょう。では、そんな条件を満たしていない場合はどうでしょうか?答えはお分かりですよね。
 
どんなに愛着のある財産であっても、やはり買う人の立場にたって比較検討すると、冷静に現実が見えてくるものです。
また、近隣にまったく売り出されている物件がないというのも、高く売る一つの材料となります。
 
逆に供給過多の場合は、上記のような比較検討に振り回されてしまう場合もありますので、情勢を見極める必要もあります。
 


point⑤しろくまホームの査定額

 
高い査定額は意味がない

しろくまホームでは、査定額は売れる価格をご提示させていただいております。
売却依頼を取りたいがための価格や、売主様の希望額を反映させたところで、何も良い事はなく、高い査定額を元に次の資金計画を立ててしまった場合や販売期間が長引いて困るのはお客様です。当社のお客様がそうならないよう、当社はまず売れる価格を算出し、より高く売却出来るよう販売戦略をご提案致しております。
 
まずは売れる価格を算出し、その不動産とお客様に合った売却方法、戦略をご提案致します!
 
当社では、住宅インスペクションの実施、既存住宅かし保険、ERA住宅性能保証等を付けることにより、購入検討される方に対し、他の物件との差別化を図っております。